Tri      TRV-EQ3SE

■本店サイトで商品をチェック
→ Triode TRV-EQ3SE 真空管フォノイコライザー(MM/MC)(サイドウッド付)
→ Triode TRV-EQ3SE 真空管フォノイコライザー(MM/MC)(サイドウッド別売)

一昔前の、CD登場以前のアンプには、フォノ入力に対する非常に手厚い回路が奢られていた物です。二系統の入力装備はごく普通で、インピダンス切り替えやサブソニックフィルター等、アナログ再生に必要な機能が十分搭載されていて、複数のカートリッジやアームを楽しむ環境にとても対応し易くなっていました。今、再びアナログブームの盛り上がり見せていますが、どうも何かが足りないなと思って市場を眺めていたら、これでした。HI-FIオーディオでの音楽再生としてのアナログは、音だけではない、全ての事象を楽しめるアイテムと私は考えて居ますが、既存の製品達はどうも単機能単一志向の音質だけに目の行った物が多い様に感じられます。この製品は70年代に隆盛を極めた数多の製品達の様な、多機能にして高性能な思想が、トライのこの真空管フォノアンプには溢れて居ます。
trveq3se

■本店サイトで商品をチェック
→ Triode TRV-EQ3SE 真空管フォノイコライザー(MM/MC)(サイドウッド付)
→ Triode TRV-EQ3SE 真空管フォノイコライザー(MM/MC)(サイドウッド別売)

トライオード TRV-EQ3SE
真空管フォノイコライザー
——————————————————–
TRV-EQ3SEはMCカートリッジの昇圧トランスとして最高品質のスーパーパーマロイコアMCトランスを搭載しました。このMCトランスは超低インピーダンスカートリッジの微少信号を強力にドライブします。イコライザー段はNF型を採用し高SN比を狙っています。また余裕のある電源部には整流ダイオードを使用せず5AR4整流管による両波整流で滑らかな直流電源を供給します。増幅段にはJJ社製ECC803S高信頼管を使用し更なるクオリティアップを図ります。
入力は3系統装備しフロントパネルで全ての操作が可能です。フロント操作部は左からMM,MC1,MC2,MC Low,MC high,Low Cut Filter です。
またリアパネルには大型グランド端子を2系統装備しアナログ再生に必要なアース周りの強化を計ります。

■TRV-EQ3SE仕様
回路形式 : NF型フォノイコライザー
全高調波ひずみ率 : 0.1%
周波数特性 : -1d B (10Hz ~ 70kHz)
SN比 : MM90dB/MC87dB
チャンネルセパレーション : > 90dB
リアカーブ偏差 : ± 0.25dB( 20-20,000Hz)
ローカットフィルター : 15H、18dBoct.
入力感度 : MM1.5mV
MCLow0.23mV
MCHigh0.19mV
ゲイン : MM42.5dB
MC58.7dB ( Low )
MC64.4dB ( High )
入力負荷抵抗 : MM47kΩ
MC2Ω-47Ω
定格出力電圧 : 200mV
入力端子 : 3系統MM/MC1/MC2
出力端子 : 2系統RCA/XLR(3番ホットアンバランス回路)
使用真空管 : JJ社製ECC803S ( 12AX7 ) × 4本
曙光電子製5AR4 × 1本
抵抗器 : 日本製KOA高品質カーボン抵抗器
コンデンサー : ドイツ製ムンドルフコンデンサー
消費電力 : 15W
サイズ : 横340 × 奥行315 × 高185mm
重量 : 10kg
付属品 : 真空管カバー、電源ケーブル・予備ヒューズ
別売サイドウッド 左右一組5,250 円(税込)
※2008年12月現在 特性および仕様は改善のため予告なく変更することがあります。